おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、曇りの朝となっています。

来年から個人型確定拠出年金の加入対象範囲が拡大

個人型確定拠出年金の加入対象範囲が、平成29年1月から拡大されます。
新たに「iDeCo(イデコ)」という愛称をつけられた個人型確定拠出年金(個人型DC)について今回は書いてみたいと思います。

個人型確定拠出年金(個人型DC)とは、国民年金基金連合会が実施する、公的年金に上乗せする私的年金です。
加入者が自ら掛金の運用を(選択した金融機関を通じて)行います。
将来の給付額は運用の成果によって決まるという制度です。
運用リスクは加入者個人が負うことになり、原則60歳まで掛金を途中で引き出すことはできません。

加入対象者は、現行では自営業者等(国民年金第1号被保険者)に限定されていますが、
企業年金加入者や専業主婦(第3号被保険者)、公務員等も来年から制度改正により対象となります。

受給方法や掛金の上限、税制上の優遇措置

受給方法には3種類があります。
・老齢給付金(原則60歳から年金または一時金で受取可能)
・傷害給付金
・死亡一時金
となります。

加入者によって掛金の上限は異なり、下記のようになります。
・自営業者の場合は月額6.8万円(年81.6万円)
・企業年金等に加入していない会社員の場合は月額2.3万円(年27.6万円)

税制上の優遇措置も用意されています。
・掛金は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象
・運用段階において得た収益は、全額非課税
・給付金を年金で受け取る場合は公的年金等控除適用
・一資金で受け取る場合は退職所得控除適用

 

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。

安心の税務サービスを適正価格でご提供。当事務所の5大特長はこちら