おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、曇りの朝となっています。
 

地震保険とその要注意点

地震保険は「地震・噴火・津波」が原因で発生した「火災・損壊・埋没・流出」による損害を補償するものです。
※地震による火災の損害は火災保険だけでは補償されません。
※契約は単独ではできません。火災保険に付帯する方式での契約となります。

補償の対象は「居住用建物と家財(生活用動産)」です。
(※30万円超の貴金属や、工場や事務所専用の建物、自動車などは補償の対象外です)

契約の範囲は、火災保険の契約金額の30%〜50%の範囲内で決めることができます。
(※建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です)

保険料と支払

保険料は建物の構造や所在地(都道府県)によって異なります。
(※地震保険料控除により、所得税は最高5万円、住民税は最高2万5千円を控除できます)

保険の対象である建物及び家財の損害の程度によって
「全損」「半損」「一部損」の3段階に区分して損害認定をし、
下記の割合で保険金が支払われます。

・「全損」契約金額の100%
・「半損」50%
・「一部損」5%

(※損害の程度が一定の基準を下回る場合は、保険金支払の対象外となります)

「全損」「半損」「一部損」の損害認定基準は?

【全損】
・建物の場合は、主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が時価の50%以上
・または焼失・流失した部分の床面積がその建物の延床面積の70%以上である損害場合

【半損】
・主要構造部が20%以上50%未満
・または延床面積の20%以上70%未満ある損害場合

【一部損】
・主要構造部が3%以上20%未満
・または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水を受けて、全損・半損に至らない場合
 

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。

安心の税務サービスを適正価格でご提供。当事務所の5大特長はこちら