おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、曇りの朝となっています。
 

いよいよ今年の10月からマイナンバー(個人番号)が「通知カード」で通知されます。
利用開始は28年1月からです。
これに伴い、事業者の皆様は税や社会保障の手続きのため、従業員等のマイナンバーを取得する必要があります。
 

マイナンバーの取得とその時期について

28年1月以前であっても、予めマイナンバーの通知を受けている従業員本人からマイナンバーを収集する事は可能です。
 
従業員等からマイナンバーを取得する際は、本人に利用目的を明示するとともに、本人確認を行う必要があります。本人確認の方法は「番号確認」と「身元確認」が必要です。「身元確認」については、本人に相違ないことが明らかな場合(雇用関係にある場合など)には不要の場合があります。

本人確認の方法としては、原則としては下記のいずれかを用意します。
・個人番号カード
・通知カード+運転免許証など
・個人番号の記載された住民票の写しなど+運転免許証など

 

その他マイナンバーの取得について

内定者が確実に雇用されることが予想される場合(正式な内定通知がなされ、入社に関する誓約書を提出した場合等)には、その時点でマイナンバーの提供を求めることができます。
 
扶養者控除等申告書に記載される扶養親族のマイナンバーについては、不要控除等申告書を提出する従業員等が取得し、記載します。
 

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。

安心の税務サービスを適正価格でご提供。当事務所の5大特長はこちら